環境に対する取組み

人と企業と地球の調和

株式会社東洋ボデー全社員は、地球環境及び資源が無限ではなく有限なものであるという認識の下、環境への取り組みを経営の重要課題と位置付け、あらゆる事業活動において経済と調和をさせた活動とし、持続可能な社会へ貢献します。

環境方針

株式会社東洋ボデーは、環境理念の実現に向け、トラックリヤボディー及びその関連部品、輸送用機器部品の開発、製造、販売のあらゆる事業活動並びに、製品、サービスにおいて以下の方針に基づき活動します。

  1. 環境マネージメントシステムの推進事業活動、製品、サービスにかかる環境側面についての環境影響を評価し、環境負荷の低減、法令順守、汚染の防止などに関する環境目的、目標を設定。当社の環境マネージメントシステムに従った推進活動を実施、PDCAのサイクルを回し、継続的改善を図ります。
  2. 環境に配慮した製品、サービスの提供と事業活動での環境負荷低減
    地球環境、資源の有限性を認識し、

    1. ライフサイクルを通じて環境負荷の低減に役立つ製品、サービスの提供を行います。
    2. 環境を大切にする企業風土の維持に努めます。
    3. 省資源、省エネルギー活動を推進します。
    4. 地球温暖化防止活動を推進します。
    5. 廃棄物の削減に取り組みます。

    の取組みを行ないます。

  3. 環境と経済との調和を図りながら活動します。
  4. 環境に関する法令を遵守し、当社が同意するその他の要求事項もあわせて遵守します。
  5. 上記活動を全社一丸となって取り組みます。

CO2削減ロードマップ

株式会社東洋ボデーではCO2削減ロードマップを作成し、あらゆる運用改善を実施しています。

img_environment_roadmap

取り組みによる効果

  1. 蛍光灯照明削減とLED化
    成果:年間6tのCO2削減
  2. 待機電力・省エネ自販機入替削減
    成果:年間62.526kgのCO2削減
  3. チラー(冷温水機)、プレス機の稼働時間短縮
    成果:年間331.529kgのCO2削減
  4. コンプレッサー吐出圧低減
    成果:年間16.305kgのCO2削減
  5. 動力モーターインバーター導入
    効果:年間36tのCO2削減
  6. 塗装乾燥炉出口扉設置
    効果:年間6.8tのCO2削減

当社の取組みの紹介記事

当社の環境に対する取組みが、2011年に引き続き2012年度も東京都環境局の「都内事業所における賢い節電&省エネ対策」事例レポートで取り上げられました。

「賢い節電&省エネ対策」事例レポート2012年夏(PDFファイル/814KB)

東京都環境局

「賢い節電&省エネ対策」事例レポート2011年夏(PDFファイル/602KB)

東京都環境局

ボディーの軽量化を実現しています

東洋ボデーは燃費改善やCO2削減に向けたトラックボディーの軽量化を2007年より推進しています。200箇所以上、ボルトひとつにまで工夫を凝らした結果、軽量化する前より総重量を125kg軽くすることが出来ました。これにより、燃費0.5%~3%の減少を実現しています。

2007年に開発した飲料水運搬車では、従来より約20%軽い751キログラムを実現しました。これにより、2トンの荷物を積載しても、車両総重量が5トンを超えないようになり、普通免許での運搬を可能としました。

img_environment_newspaper

環境活動報告書